プロパンガスと都市ガスの違い|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績80,000世帯

プロパンガスと都市ガスの違い

ガスホルダーとガスボンベ

ご家庭で利用されているガスには、「都市ガス」と「プロパンガス」の2種類があります。都市ガスの方がやや普及率が高いものの、約半分の世帯がプロパンガス、残りの半分の世帯が都市ガスを利用しているそうです。

都心部にお住まいの方は都市ガスをご利用されている方が多いと思いますが、やや郊外寄りになるとプロパンガスのエリアも多く、地域によってはプロパンガスばかりのエリアもあります。

なんとなく都市ガスの方がよさそう…とお思いの方も多いかもしれませんが、「初期費用を掛けたくない」「店舗用に強い火力が必要」など、ご要望される内容によってはプロパンガスの方がより良いご提案を行えます。

都市ガス、プロパンガスにそれぞれ特徴があり、どちらかが一方的に良いわけではなく、その違いを理解して適したガスをご利用されるのがよろしいでしょう。ここでは、都市ガスとプロパンガスの違いを性質、料金、信頼性など様々な面から比較し、ご紹介致します。

ご不明な点やご相談がございましたら、いつでもお気軽に当社専門スタッフへとお尋ねください。

ガスの性質・供給方法なども根本的に違う

成分・性質の違い

ガスコンロの炎

都市ガスの主成分はメタンです。空気よりも軽いメタンから作るため都市ガスも空気より軽く、万が一のガス漏れの際にはガスは部屋の上の方に溜まります。

また、都市ガスは常温では液化しないため、気体の状態でガス管(導管)を通って各ご家庭に運ばれて行きます。

プロパンガス(LPガス/液化石油ガス)の主成分はブタンやプロパンです。一般的に使われている「プロパンガス」という呼称は通称であり、純粋なプロパンからできているガスというわけではありません。また、都市ガスが空気より軽いのに対して、プロパンガス(LPガス)は空気より重い性質があります。そのため、プロパンガスと都市ガスではガス漏れ警報機の設置位置も異なります。

プロパンガス(LPガス)は常温でも容易に液化させることで体積を気体の250分の1にできるため、ガスボンベにプロパンガス(LPガス)詰め、そのボンベを配送することで各ご家庭に運ばれて行きます。

他に大きな違いとして「熱量の違い」が挙げられます。例えばガスの量が同じ1m3でも、都市ガスとプロパンガスでは沸かせるお湯の量が異なります。ガスの量が同じであれば、都市ガスよりもプロパンガスの方が沸かせるのお湯の量が多い=熱量が高くなっています。具体的には都市ガスよりもプロパンガスの方が約2.18倍も熱量が高くなっており、火力を求める中華料理店などから「プロパンガスを使いたい」とよくご要望いただいております。

都市ガス・プロパンガスはそれぞれ専用の器具が必要

ご家庭でガスコンロや給湯器、ガスヒーター、床暖房などのガス器具をご利用される場合、都市ガスを利用する場合は都市ガス用のガス器具、プロパンガスを利用する場合はプロパンガス用のガス器具を用意する必要があります。ご自身でガス器具をご購入される場合は、必ず利用しているガスに合ったガス器具を購入するようにしましょう。

供給方法の違い

供給方法イメージ

都市ガスは製造基地からガス管(導管)を通り、需要に応じてガスの貯蔵・放出量調整を行う「ホルダー」や、ガスの圧力を調整する「ガバナ」を経由し、ご家庭へと供給されています。

プロパンガスとは異なりガスボンベを設置するスペースは不要でガス切れの心配もありません。しかし、ご自宅の近辺までガス管(導管)が来ていない場合、都市ガスをご利用できない(又はできても高額な費用が掛かる)ことがあります。

一方でプロパンガスはプロパンガスを輸入後、ガスボンベに充填してそのボンベをご家庭に配送するかたちでプロパンガスを供給しています。そのためご自宅にガスボンベを設置するスペースを必要とし、定期的にガスボンベを配送・交換する必要があります。

極めて稀ではありますが、ガスボンベ内のガスが使い切られてしまった場合は、ガスを使えなくなる「ガス切れ」となってしまいます。その他、プロパンガスの供給体制の詳細についてはコチラをご覧ください。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

料金に関する違い

料金制度が異なる

公共料金(認可料金制)と自由料金制の項目比較

都市ガスは電気・水道などと同様の認可料金となっており、それぞれの都市ガス会社が勝手にガス料金を決めることはできません。

もし都市ガス料金の値上げを行う場合は、経済産業省や関係機関の審査などを経て料金の変動を行うかたちとなります(値下げの場合は認可制ではなく届出制となっているため、従前の料金査定や公聴会を経ずに変更が可能です)。

都市ガス料金の原料調整も毎月行われておりますので、消費者・都市ガス会社の両社にとって公平な料金設定となっております。

一方で、プロパンガス料金はガソリンや携帯電話と同様の「自由料金」となっており、プロパンガス会社がプロパンガス料金を自由に決めることができます。そのため、一部の悪質なガス会社は適正料金の1.5~2倍の割高なガス料金を請求しているようですので、現在のプロパンガス料金がお高いと感じているお客様は、今すぐ料金診断をお勧めいたします。

当社がご案内している優良プロパンガス会社は都市ガス水準のお安いプロパンガス料金となっており、さらに当社独自の料金保証をお付けしておりますので、安心してプロパンガスをご利用いただくことができます。

毎月のガス代はどれくらい違う?

ガス代は毎月支払わなければならない費用ですので、なるべく安く済ませたいところですね。プロパンガスと都市ガスのガス代を比較すると、使用量やエリアによって都市ガスが若干安くなりますが、プロパンガスの方がお安くなる場合もございます。

また、ガス使用量に関わらず毎月かかる基本料金につきまして、都市ガスの場合はガスを使わない場合は若干安くなり、ガスを多く使った場合は高くなるような変動制料金となっているようですが、プロパンガスは逆に一律料金となっています。

とはいえ料金設定の詳細をご説明しても、イメージしにくいですよね。そこで今回は、具体的な料金を元に、エリア別のプロパンガス適正料金と都市ガス料金を比較致しましたのでご参考ください。

関東エリアのガス料金比較

都市ガスのガス料金
  • 基本料金1,036※1
  • 従量料金5,584※2
  • 毎月のガス代6,620
プロパンガスのガス料金
  • 基本料金1,620
  • 従量料金7,292※3
  • 毎月のガス代7,668

※上記料金はすべて税込です。またプロパンガス料金はプロパンガス20m3使用時、都市ガス料金はプロパンガス20m3相当の都市ガス使用時のものとなります
※1:東京ガス株式会社公表の2016年9月時点、東京地区等の料金表B表(一ヶ月のガス使用量20m3をこえ80m3)の基本料金を参照
※2:東京ガス株式会社公表の2016年9月時点、東京地区等の料金表B表(一ヶ月のガス使用量20m3をこえ80m3)の基準単位料金を参照。従量単価128.08円×2.18(熱量比率)×20m3
※3:従量単価280円×20m3

東海エリアのガス料金比較

都市ガスのガス料金
  • 基本料金1,404※1
  • 従量料金6,991※2
  • 毎月のガス代8,395
プロパンガスのガス料金
  • 基本料金1,620
  • 従量料金7,128※3
  • 毎月のガス代8,748

※上記料金はすべて税込です。またプロパンガス料金はプロパンガス20m3使用時、都市ガス料金はプロパンガス20m3相当の都市ガス使用時のものとなります
※1:静岡ガス株式会社公表の2016年9月適用の料金表C(一ヶ月のガス使用量25m3をこえ60m3)の基本料金を参照
※2:静岡ガス株式会社公表の2016年9月適用の料金表C(一ヶ月のガス使用量25m3をこえ60m3)の従量料金単価を参照。従量単価160.35円×2.18(熱量比率)×20m3
※3:従量単価330円×20m3

導入費用(イニシャルコスト)が異なる

プロパンガスも都市ガスも、導入するにあたっては「配管工事費用」「ガス器具代金」「器具取付・設置費用」などの費用が掛かります。器具代金や設置費用は多少の変動はありますが大きな差はないと言えます。しかし「配管工事費用」には差があります。

都市ガスの場合、ガスの本管から自宅までガスを引き込む長さによって料金が変わりますが、相場としては1mにつき1万円前後となっており、15万円以上かかるケースが多いようです。プロパンガスの場合は、一般的な一戸建て住宅の場合でおおよそ8~10万円程度の配管費用で済みますので、プロパンガスの方が工事費用は抑えられます。

さらに大きな特徴として、支払い方法に違いがあります。都市ガス導入にかかる諸費用は基本的には家主負担となりますが、プロパンガス導入にかかる諸費用は「貸付貸与契約」を行うことで初期費用を0円とし、毎月支払うガス代と合わせて分割して支払うことができます。

ただし、貸付貸与契約は一定期間(配管工事を含む場合は15年、器具・施工のみの場合は10年が標準的)の間、解約する場合に未払い分の清算が必要となります。例えば20万円の費用を10年契約の貸付貸与契約とした場合、契約期間が残り5年の時点で解約すると、「(5年/10年)×20万円=10万円」を支払う必要があります。

一定期間、解約に縛りが生まれる貸付貸与契約については、初期費用を掛けたくない場合は有効ですが、状況によっては一括ですべてをお支払いされる方が良いケースもございます。プロパンガスを導入される場合や、施工・器具購入を行う場合は、まず当社専門スタッフへご相談ください。どのようなかたちで導入を進めるベストかご提案させていただきます。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

実は同水準!信頼性について

事故件数の比較

プロパンガスはボンベがむき出しだし、危なそう…とお思いの方が多いようですが、実際に起こった事故でガスボンベに問題があったケースは、バルブ分を含めても5%とごく一部です。大半の事故も配管やガス器具の不備といった、都市ガスでも同様の事故が起こり得る内容でした(都県別の事故件数推移は下記表をご覧ください)。

ガスボンベ自体も、火災に巻き込またなどの際にはガスが噴出し爆発を防いだり、安全機構が組み込まれています。また、マイコンメーターの普及など様々な進歩により、プロパンガスは都市ガスと同等の安全性を持っていると言えます。

むしろ、プロパンガスを利用するにあたって注意すべきは「プロパンガスは空気より重いこと」です。ガス漏れがあった際、火事などと同様に「なるべく体勢を低くして移動する」と考える方が多いようですが、プロパンガスは空気より重く下から溜まっていくため、体勢を低くしてしまうと余計にガスを吸い込んでしまうことになります。

プロパンガス・都市ガスの性質をきちんと理解し、万が一の有事には最適な対応が取れるよう、日頃から気を付けましょう。

  平成25年 平成26年 平成27年
埼玉県 17 20 11
神奈川県 17 15 12
千葉県 8 8 3
東京都 8 8 9
茨城県 3 3 2
栃木県 2 2 3
群馬県 6 4 0
山梨県 1 2 0
静岡県 2 1 2
愛知県 6 1 6
岐阜県 4 2 7
三重県 1 2 2
福岡県 5 4 4
宮城県 5 3 4

災害時に活躍するプロパンガス

血管のように張り巡らされたガス管(導管)を持つ都市ガスとは異なり、プロパンガスは個々の住居へ独立して供給を行っているので、地震などの際には火災等の二次災害を防止しつつ復旧を早く行うことができます。

1995年に発生した阪神淡路大震災及び2004年に発生した新潟県中越地震、2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震では、プロパンガスは安全性の高さだけではなく、その復旧の早さと緊急対応時のエネルギーとして有用性を見事に実証しました。

供給のために長い埋設管を通じて供給される都市ガスに比べ、独立して供給されているLPガスは地震などの災害に極めて強く、阪神大震災や東北地方太平洋沖地震でも大部分が数日以内で復旧しました。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
プロパンガスと都市ガスの違いについて、ガスの性質や主成分の違いかた、毎月のガス代や導入費用、信頼性など様々な面から詳細にご説明いたします。