適正料金と相場価格|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績80,000世帯

プロパンガス料金の適正料金と相場価格

ガス屋の窓口の適正料金と相場価格とは

プロパンガス料金は利用する地域によって、相場価格が大きく異なります。プロパンガス会社の変更が盛んな関東地方は、プロパンガス料金の相場価格が全国的に見ても比較的安くなっています。

しかしながら実際の相場価格は、適正とは言い難い高額なプロパンガス料金となってしまっているケースが多くなっています。その理由はプロパンガスが「自由料金制」である為で、プロパンガス料金をプロパンガス会社が自由に決めることができるのです。

そのため、悪質なプロパンガス会社が極めて割高なガス料金を請求するケースもあり、相場価格自体も割高になってしまうことも。極端な話、適正価格の二倍、三倍のプロパンガス料金を請求することも、ガス会社の自由なのです。

そんな不透明な相場価格状況を打破すべく、当社は優良な大手~中堅ガス会社の協力を得て、適正料金にてプロパンガス会社をご案内するサービスシステムを構築。相場価格よりも大幅にお安いプロパンガス料金で、プロパンガスをご利用いただける環境を提供できるようになりました。今ではグループ全体で80,000世帯のガス会社変更実績を持ち、その結果として他社様よりもお安いプロパンガス料金でプロパンガス会社をご案内可能となりました。

当社がご案内している一般家庭(戸建住宅)向けプロパンガス料金の適正料金は、関東地方で「従量単価270円」からとなっております。永久あんしん保証で不当値上げもございませんので、地域最安料金のプロパンガス料金を末永くご利用いただけます。

前述のとおり、プロパンガス料金は地域によって異なります。当社がご案内するプロパンガス料金・プロパンガス会社の詳細については【0120-800-905】までお問い合わせ下さい。

ガス屋の窓口の適正料金

他社様の中には「従量単価280円では赤字だ」と公言している業者様もあるようですが、そんなことはありません。昨今はガスの原料となる原油価格(CP価格)も低い水準で推移しており、優良なプロパンガス会社であれば従量単価270円でも問題なく対応可能です。

プロパンガス料金の地域別適正料金は下記のとおりとなりますので、現在のガス料金と比較してみてください。また、こちらの自動料金診断を行うと、毎月のガス代がどのくらい安くなるのかが一目でわかります。
※表示価格は全て税別となります

※プロパンガスをご利用する地域や現在ご利用中のガス会社によって、当社からご案内するプロパンガス会社・プロパンガス料金が異なります。詳しくは当社スタッフまでお尋ねください

地域 基本料金 従量単価 20m3使用した際のガス代
関東 ¥1,500~ ¥270~ ¥6,900
東海 ¥1,500~ ¥330~ ¥8,100
東北 ¥1,500~ ¥330~ ¥8,100
九州 今よりもお安く!
カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

プロパンガスの相場価格

プロパンガスの相場価格は、一般財団法人日本エネルギー経済研究所が運営するWEBサイト「石油情報センター」にて確認することができます。

2016年4月公表の都道府県別プロパンガス相場価格は以下のとおりとなります。当社がご案内しているプロパンガス料金に比べて、相場価格はかなり割高になっています。

お客様のガス料金が割高かどうかは、こちらの自動料金診断ですぐにご確認いただけます。
※表示価格は全て税別となります

都県 基本料金 従量単価 20m3使用した際のガス代
埼玉県 ¥1,597 ¥463 ¥10,831
神奈川県 ¥1,602 ¥459 ¥10,782
千葉県 ¥1,584 ¥470 ¥10,980
東京都 ¥1,567 ¥463 ¥10,831
茨城県 ¥1,569 ¥480 ¥11,167
栃木県 ¥1,540 ¥465 ¥10,848
群馬県 ¥1,628 ¥474 ¥11,101
山梨県 ¥1,660 ¥497 ¥11,604
静岡県 ¥1,691 ¥492 ¥11,521
愛知県 ¥1,660 ¥475 ¥11,154
岐阜県 ¥1,684 ¥487 ¥11,416
三重県 ¥1,688 ¥462 ¥10,932
福岡県 ¥1,810 ¥482 ¥11,449
宮城県 ¥1,618 ¥532 ¥12,256

※従量単価とは、ガス1m3(立方メートル)当たりの単価のことです

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

ガス屋の窓口が考える適正料金

基本料金と従量単価について

プロパンガスは料金の透明性向上のため、料金構成・内訳をわかりやすく示すことが、液石法※1によって義務付けられており、多くのガス会社は二部料金制を採用しているようです。

二部料金制とは、ガスの使用量に関わらず毎月かかる固定的な費用である「基本料金」と、ガスの使用量に応じてかかる費用である「従量料金」、この2つを元にガス料金を算出する料金制で、もっとも一般的でわかりやすい料金制といえるでしょう。
※二部料金制、三部料金制については、下図をご参照ください

尚、ガスの使用量はm3(立方メートル、立米)で計算され、ガスの使用量1m3ごとの料金を従量単価(m3単価、立米単価)と呼びます。従量料金は「従量単価×ガスの使用量」で計算されます。

つまり、プロパンガス料金の根幹は「基本料金」と「従量単価」となるわけですが、この二つの料金はプロパンガス会社によって大きく異なります。割高な料金設定となっている場合の多くは、プロパンガス会社都合の不当値上げが要因となっています。

当社では優良ガス会社のみと業務提携を行い、不当値上げのない環境を実現。その上で都市ガスと同水準の料金で使えるプロパンガスを推奨しています。その結果、地域最安料金となる「基本料金1,500円~」「従量単価270円~」をご案内する事が可能となりました。

上記の料金は非常にお安い料金ですが、優良ガス会社との協議を行った末に導き出された、不当値上げは行わず、かつ安定供給が可能なプロパンガス料金となっております。ですので、当社では「基本料金1,500円~」「従量単価270円~」がプロパンガスの適正料金であると考えております。

尚、当社がご案内するプロパンガス会社・プロパンガス料金をご利用いただいた場合、どのくらい毎月のガス代がお安くなるかをこちらの自動料金診断にてご確認いただけます。

※1:液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律、の呼称

二部料金制 イメージグラフ三部料金制 イメージグラフ

同じ市内でもガス料金がバラバラ

プロパンガス業界の実態を不透明にしている一因として「同じ市内で同じガス会社を同じように利用していてもガス料金がバラバラである」ことが挙げられます。

設備状況やガスの使用量によって多少の前後があるのは仕方ありませんし、適正料金よりもお安くプロパンガスを利用できていれば問題ないでしょう。しかし問題なのは、適正料金よりも割高な料金が横行していることです。

プロパンガスの品質は法律で定められており同等です。にも関わらず、同じようにプロパンガスを使うことで損をしているご家庭がある。当社はこれを是正していきたいと考えております。

全てのお客様が適正料金でプロパンガスをご利用いただけるよう、スタッフ全員が一丸となってお客様をサポートさせていただいております。

当社の適正料金が、他社より安い理由

ガス屋の窓口グループを通じてガス会社を変更したお客さまは、累計約80,000世帯にも上ります。通常ガス会社は「数百世帯のお客様を持てれば支店が作れる」と言いますから、80,000世帯というのは非常に大規模な数字です。

その大規模なガス会社変更実績があるため、プロパンガス会社から特別な好条件をいただいております。ガス会社としても、多くのお客様へプロパンガスを供給できるようになれば、プロパンガス料金を適正料金で供給しやすくなり、当社もガス会社もお客様とってよりよい環境をご提供できるようになります。

そういった様々なスケールメリットもあり、非常にお安い適正料金を永久あんしん保証付きでご提供することができるようになったのです。どのくらいガス料金が安くなるか気になる!という方は、こちらの自動料金診断からご確認いただけます。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
プロパン(LP)ガスの相場価格をご案内しております。地域で最安料金のプロパンガス会社をお探しなら「ガス屋の窓口」へ