プロパンガス料金の値上げ|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績80,000世帯

値上げはなぜ起こるのか

プロパンガスボンベ 値上げイメージ

プロパンガスはその原料の多くを輸入に頼っており、ガソリンなどと同様に価格が変動します。また、電気や水道、一部の都市ガスなどとは異なり料金規制がございませんので、ガス料金の値上げ・値下げをガス会社が独断で行うことができます。ガス料金を値上げする金額やタイミングもガス会社の自由となっています。

原料となる原油の価格高騰や世界情勢、為替など様々な要因により常に値上げ・値下げを繰り返しているプロパンガスですが、場合によっては理由なき値上げ(=ガス会社都合による値上げ)もあり、一般消費者にとっては適正な価格がわかりにくいのが現状です。

そこで、各ガス会社の輸入価格(=CP価格)や地域ごとのガス料金を調査・監視している当社から、プロパンガス料金の値上げが起こる理由をご説明したいと思います。

プロパンガス料金 値上げの原因

原油価格の高騰

プロパンガスは別名、液化石油ガスといい、油田・天然ガス田または製油施設などで精製された石油由来のガスを液化することで生産されます。日本ではその原料の多くを輸入に頼っているため、一般家庭で使用されるプロパンガスの料金も、国際的な石油輸入価格の変動により少なからず影響を受けます。

そのため、輸入価格が大幅に変動すると、ガソリンと同様に業界全体で料金の値上げや値下げが起こります。値上げ幅は異なりますが、都市ガスも同様な理由から料金改定を行っており、適正な値上げと言えるでしょう。

ガス会社都合の値上げ

公共料金(認可料金制)と自由料金制の項目比較

電気や水道、NTTやNHKなどの「公共料金」は一律の基準が定められており、供給する会社が勝手に料金を決めることはできません。また、一部の都市ガスはガス自由化後も料金規制が行われており、公共料金に近い側面があります。

しかしプロパンガスは、ガソリンやインターネットと同じ「自由料金」となっており、ガス会社が自由にガス料金を決めることができるのです。

値上げ額や値上げするタイミングにも制限がないため、各ガス会社の都合で料金設定を自由に変更することができます。

本来は市場競争を活発化させ料金水準を下げるための自由料金ですが、それを逆手に取るようなかたちで、消費者に分かりづらい値上げを頻発し、不当に高額なガス料金を請求するガス会社も多くあるようです。

こういった不当な値上げは、ガス会社にクレームを言うと値下がりするケースが多いですが、必ずと言っていいほど再び値上げされ、終わりのないいたちごっことなってしまうことも多いようです。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

プロパンガス料金の値上げにNO!

ガス会社はお客様が自由に選ぶ事ができます。なぜなら前述のとおりプロパンガスは、電気や水道といった国が一律の規定を定めているものではなく、民間のプロパンガス会社が独自に料金設定が行える「自由料金制」となっているためです。

各社が独自の料金設定を行っているプロパンガスは、ガス会社によって料金が大きく異なります。そしてお客様は、プロパンガス会社を自由に選べる。逆に言えば、しっかりガス会社を選ばないと毎月数千円も損をしてしまう、ときうことです。

せっかくの自由料金ですから、高い料金設定を行っているガス会社ではなく、安くて安全なプロパンガスを安定供給している優良なガス会社を選びたいですよね。

当社ではガス会社選びはもちろん、当社独自の「あんしん保証」やアフターサポートまで手広く&手厚くサポート。適正なガス料金を末永くご利用いただくことが可能です。

ご利用中のプロパンガスの料金やサービス内容に気になる点がございましたら、いつでもお気軽に当社専門スタッフまでご相談ください。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
一般消費者にとってわかりづらく、理由もはっきりとしないプロパンガス料金の値上げについてご説明いたします。