プロパンガス料金を節約するには|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績80,000世帯

プロパンガス料金を節約するポイント

プロパンガスの使用イメージ

プロパンガスは毎日使うものですから、コツコツ上手に節約して毎月のガス代を安く済ませたいですよね。そこで、プロパンガスの専門家がプロパンガス料金の節約術をご紹介致します。

毎月のプロパンガス代・プロパンガス料金が高くなる主な理由は、料理などでのガスコンロ使用ではなく、お湯を使うためのプロパンガス給湯器の使用です。ガスを使う=ガスコンロと思われている方も多いと思いますが、実際にガスを多く使用するのはお湯を使う(お湯を沸かす)時なんです。

具体的には、お風呂場で温水シャワーを使用する、追い炊きでお風呂を沸かす、食器を洗うためにお湯を出すなどです。ちなみに、一人が温水のシャワーを流しっぱなしにして15分入った際に使用されるガスの量と、バスタブに一度お湯をためるのに使用されるガスの量はほぼ同じくらいになります。

上記を頭の片隅に置いていただいて、その上で具体的なプロパンガス代・プロパンガス料金を節約する方法をご覧いただければ幸いです。

プロパンガス代・プロパンガス料金を節約する方法は、大きく3つに分かれています。具体的な方法も含めて、3つの方法をそれぞれご説明させていただきます。

ガス使用量を減らして、プロパンガス代節約

お風呂・シャワーでの節約法

永久料金監視保証 イメージ

お湯をプロパンガス給湯器でまかなっているご家庭では共通して、お風呂・シャワーによるプロパンガス使用量が多くなります。

つまり、プロパンガスを節約するにあたっては、お風呂・シャワーでの節約を行うことでより効率的な節約ができことになります。比較的簡単にできる節約方法には以下のようなものがあります。

まず一つ目は「お風呂の浴槽にフタや保温シートをつける」というものです。これは、追い炊きやお湯を足す際のプロパンガスを節約するために、浴槽のお湯の温度がなるべく下がらないようにする方法です。浴槽にお湯を入れるときはもちろんですが、追い炊きの際も思いのほかプロパンガスを使用します。

浴槽にお湯をためている最中や、入浴していない時は、フタや保温シートを置いてお湯の温度が下がらないように気をつけましょう。お湯をためる時はフタを閉めることはできませんので、蛇口からお湯を入れるスペースだけ開けてフタをしましょう。

二つ目は「浴槽にかさを増やすものを入れてお湯を入れる」です。大きなペットボトルに水やお湯をいれたものを浴槽に沈めるだけでも浴槽にためるお湯の量が減り、プロパンガスの節約になるんです。使うお湯の量を減らすことでプロパンガスの使用量が減らせますので、入浴スペースに無理がない程度に活用しましょう。

三つ目は「温水シャワーの利用時間を極力短くする」というもので、ついつい温水シャワーを流しっぱなしにしてしまう方には極めて有効な節約方法です。うちは浴槽にお湯はためずにシャワーだけだし、プロパンガスはそんなに使ってない!と仰る方もいらっしゃいますが、15分もシャワーを出しっぱなしにすれば、浴槽にお湯をためるのとさして変わらないお湯の量となり、当然プロパンガスの使用量も同じくらいになってしまいます。

シャワーを使う場合、節水シャワーヘッドを利用するだけでもプロパンガス代の節約になります。シャワーヘッドにお湯を出す・出さないを切り替えるボタンがついているタイプの節水シャワーヘッドを使うと、手軽にこまめにお湯を止められますし、より効率的にプロパンガス代を節約できます。水圧が弱くてお困りの人やシャワー利用でガス代が高い人は試してみるのも手ではないでしょうか。また、お湯の設定温度を少し低めにすることでも他生の節約になります。

キッチンでの節約法

前述でガスコンロよりもお湯を使う方がプロパンガスを使うとお伝えしましたが、ガスコンロも確実にプロパンガスを消費します。また、洗い物や手洗いなどで少なからずお湯を使いますので、その分のプロパンガス消費も発生します。

キッチンのガスコンロでプロパンガスを節約する場合、「調理時間を短縮してガスの利用量を減らす」ことが大事でしょう。節約のポイントは"鍋を火にかける時間を意識する"ことです。煮込み料理などで鍋を火にかけ続けることが多いと、プロパンガスの使用量が多くなってしまいます。鍋でお湯を沸かす時はコンロの火の直径がなべ底よりも大きくならないようにする、煮物など時間のかかる料理には圧力鍋を使用する、根菜など火が通るのに時間が掛かるものは電子レンジで下ごしらえをするなど、細かく節約することでプロパンガス代を抑えるようにしましょう。

また、キッチンでのお湯の利用についても、お風呂・シャワーと同様に設定温度を低めに設定することで、多少のプロパンガス節約になります。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

ガス料金を値下げさせ、プロパンガス代節約

一戸建て住宅でのガス料金値下げ交渉

プロパンガス代・プロパンガス料金はガス会社が自由に決めることができる自由料金制となっています。何らかの理由によって値上げされることもあれば、経済情勢に関わらず値下げすることもあるでしょう。

ご存じない方も多いと思いようですが、ガス会社に強くクレームを伝えて交渉すると、ガス料金が多少下がる場合があります。値下げしない可能性の方が大きく、基本料金を値下げすることもほとんどありませんが、従量単価が多少お安くなるケースがあるようです。

しかし、この方法でガス料金を値下げさせたとしても、元の高いガス料金まで値下げする可能性が極めて高いと言わざるを得ません。可能であればガス会社を変更してしまうことをお勧めします。

集合住宅でのガス料金値下げ交渉

上記のようなガス料金の値下げ交渉は、集合住宅であっても可能です。ただし、値下げ交渉の成功率は戸建住宅よりもかなり低くなると思われます。

また、お住まいの集合住宅が賃貸物件かご所有物件かによっても、値下げ交渉の成功率は変わってきてしまいます。賃貸物件にお住いの場合が最も交渉しづらく、値下げしてもらえない可能性が非常に高くなります。

賃貸物件の場合はまず、プロパンガス会社に直接交渉するべきなのか、大家様や管理会社様を通してガス会社と交渉するべきなのかを確認しましょう。

もし大家様や管理会社様にガス会社の変更をご検討いただけるようでしたら、やはりガス会社を変更するのが最善の値下げ方法となります。まずは大家様や管理会社様へご相談されるのが良いかもしれませんね。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

ガス会社を変更して、プロパンガス代節約

ガス料金が最も安くなるのは、ガス会社変更

永久料金監視保証 イメージ

プロパンガス代・プロパンガス料金を最も安くできるのは、当社を通じて「プロパンガス会社を変更する」という方法です。

プロパンガスは自由料金制のため、ガス会社によってプロパンガス料金は大きく異なります。料金のお安いガス会社をご利用いただくだけで、毎月のプロパンガス代を大きくお安くすることが可能です。

しかし、ガス会社変更に際して注意しなければならない点があります。それは、ガス会社変更後の「ガス料金の値上げ」についてです。当社は料金保証やアフターサポートにも注力しておりますが、他社様やガス会社様と直接やり取りをする場合「料金保証がついていない」「料金保証がついていても1年間だけ」というように不当な値上げを防げない場合が多々あるようです。

ガス会社変更をご検討なさる場合は、ガス料金がお安いことも重要ですが、料金保証やアフターサポートがどのようなかたちなのか、きちんとご確認するようにしましょう。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
毎月のプロパンガス代・プロパンガス料金を節約するための方法を、浴室、キッチンなど利用シーンに合わせて詳しくご紹介致します。