エコジョーズとエコキュート|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績80,000世帯SBSラジオCM放送中!

エコジョーズとエコキュート

名前も似ていて混同する方も多いエコジョーズとエコキュート。エコジョーズはガスでお湯を沸かし、エコキュートは電気でお湯を沸かすなど、それぞれ別の特徴を備えた給湯機器となっています。

給湯器は長期間にわたって使用しますので、ご購入に際しては初期費用や使用した場合の光熱費などを具体的に比較・検討した方が良いでしょう。ここでは、それぞれの機器について概要をご説明したいと思います。

エコジョーズとは

通常のガス給湯器よりも熱効率の高い潜熱回収型ガス給湯器「エコジョーズ」は、省エネ・CO2削減などのメリットが見込めるガス給湯器です。

潜熱回収型……というと難しく聞こえますが、エコジョーズは「お湯を作るときに発生した熱を捨てず、回収⇒再利用して再度お湯を作る」ことで熱効率をUPしています。

従来の給湯器はお湯を作るときに発生した熱は空中に捨てていて、そのため給湯熱効率は約80%ほどとなっていました。エコジョーズはその「従来は捨てていた熱」を再利用することで、給湯熱効率を95%にUPさせるとともに、CO2排出量も約13%ほども削減するに至りました。

給湯熱効率が上がりましたので、お湯を沸かすために使用するガスの量も減り、ガス料金の節約にも繋がります。一例ですが、メーカーであるノーリツのWEBサイトではガス代が13~15%程安くなるとの試算があり、リンナイのWEBサイトでもガスの使用量が11%削減できると記載されていました。

必要なときに必要な分を沸かす瞬間式給湯器ですので、エコキュートのような貯湯タンクも不要でお湯切れの心配はありません。サイズもエコキュートの1/10ほどと、従来型の給湯器と同様のサイズ感となっており、戸建住宅・集合住宅(アパート・マンション)を問わず幅広く使用されています。

従来のガス給湯器と同じように、給湯のみ・追い焚き機能付き(オート/フルオート)・床暖房・浴室暖房乾燥機・ミストサウナなど様々な機能を使用できますので、ライフスタイルに合わせてタイプをお選びいただけます。

でもエコジョーズは初期費用が高いから……とお悩みの方に良い情報も。国の補助金は平成22年度をもって終了してしましましたが、自治体によってはエコジョーズの設置に補助金制度を設けているところもあるようです。各地域によって制度の実施状況は異なりますので、お住まいの地区の自治体にご確認してみるとよいでしょう。

また、当社でご案内しているガス会社では、20号・オートタイプのエコジョーズ⇒エコジョーズの買い替えであれば、撤去費や工事費等も全て込みで15~18万円(税別)でご対応可能です。地域やご案内するガス会社によって費用が異なりますので、詳しくは当社相談窓口(0120-800-905)へとご連絡ください。

エコジョーズとは

エコキュートは空気の熱でお湯を沸かす「自然冷媒ヒートポンプ式電気給湯機」のうち、冷媒に二酸化炭素を使用している機種の総称です。夜間にお湯を作って貯湯するため、従来式のガス給湯器よりも光熱費の節約になります。

エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクで構成されています。お湯を作るしくみを要約すると、コンプレッサーで外気を取り込む⇒ユニット内のCO2(冷媒)を温める⇒暖まったCO2を圧縮機で圧縮しさらに高温(約90℃)にする⇒その熱でタンクの水を温める⇒CO2(冷媒)を膨張させて低温にする⇒最初に戻る…、という流れとなります。

夜間にお湯を作ることで昼間より割安な夜間電力を使用し、通常の電熱機器より3~5倍ほど高い発熱効率のヒートポンプシステムと組み合わせることによりランニングコストをリーズナブルに抑えられることが特徴です。

その他にも様々な付加機能があります。学習機能により湯量を調節したり、使用湯量の目標値をリモコンに表示して省エネ意識を高めたり、会話機能や音声ガイダンスなど、多種多様な機能が実装されているようです。希望の機能がある場合は、その機能のついた機種を選びましょう。

お風呂やキッチンの給湯以外にも、パワフルな水圧を保つ高圧タイプや床暖房と連動するタイプ、ホームエネルギーマネジメントシステム(HEMS)と繋げることができるタイプ、太陽光発電と連動できるタイプ、塩害に強いタイプや寒冷地タイプなどもあるようです。

また、2016年の電力小売全面自由化に対応して、電気料金プランにあわせて自動調整する機能を持つタイプなども増えてきているようですので、ご検討の際は専門業者に詳しく相談し、お住まい全体のプランニングに合わせて必要な機能を考慮することが肝要となります。

エコキュートのサイズにもいくつかのタイプがあるようで、薄型やコンパクトタイプ、背の低いタイプや集合住宅用なども揃っています。

どのタイプにするか選ぶ時に注意しなければならないのは「貯湯タンクの容量」です。貯湯タンクのお湯が切れそうになれば自動でお湯を沸かしますが、日中の割高な電気を使用してしまうと、ランニングコストが安いというメリットを生かしきれません。

タンク容量は、家族構成やライフスタイルにあわせて選ぶとよいでしょう。おおよその目安としては、2~3人家族なら300ℓ、3~5人家族なら370ℓ、4~6人であれば460ℓ程度が一般的のようです。リフォームに際してエコキュートを設置する場合は、敷地内にヒートポンプユニットと貯湯タンクユニットの設置スペースを確保できるかの確認も必要となります。

また、エコキュートのヒートポンプユニットの運転音は室外機程度と言われていますが、最近ではコンプレッサー稼働による低周波騒音の問題も取り上げられておりますので、設置場所については十分ご検討されることをお勧めします。

エコキュートの本体価格はタンク容量や機能によって異なりますが、工事費等も込みで安くても45~75万円程度の費用が掛かり、床暖房等をつけると更に費用が嵩みます。イニシャルコストは割高ですが、ランイングコストが安くなりますから、使用状況に合わせて検討したいところです。

エコキュートの設置に対しても補助金制度を設けている地方自治体もあるそうですので、補助金制度の有無を事前に確認して、合わせて検討してはいかがでしょうか。

エコジョーズとエコキュートの比較まとめ

長々と説明して参りましたが、最後にエコジョーズとエコキュートの特徴をまとめましたのでご参考ください。

エコジョーズの特徴

  • ◇ ガスでお湯を沸かす
  • ◇ 初期費用は通常の給湯器より少し高い程度
  • ◇ 光熱費は従来の給湯器より安く、エコキュートより若干高い
  • ◇ サイズはエコキュートの1/10程度(通常の給湯器並み)
  • ◇ 飲用可
  • ◇ 物件タイプ(戸建・集合)を問わず設置可

エコキュートの特徴

  • ◇ 電気でお湯を沸かす
  • ◇ 初期費用がエコジョーズよりもかなり高い
  • ◇ 光熱費はエコジョーズよりもさらに安い
  • ◇ 貯水タンクが必要なため設置スペースが必要(約1畳程度)
  • ◇ 飲用不可
  • ◇ 場合によりマンションには不向き

給湯器は長期間使用する上に高価な商品です。また、ご自宅の環境や給湯の利用状況などによっても最適な商品が変わってきます。買い替えなどの費用も異なりますので、商品選定においては専門業者と相談した方が良いでしょう。

エコジョーズについてでしたら、当社相談窓口(0120-800-905)でもご相談を承っておりますので、お気軽にお電話くださいませ。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
エコジョーズとエコキュートについて、機能や設置費用などの概要とその比較についてご説明いたします。