ガス湯沸かし器|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績80,000世帯SBSラジオCM放送中!

湯沸かし器とは

湯沸かし器は屋内に設置して使用する機器で、ガス式の湯沸かし器と電気式の湯沸かし器があり、もちろんプロパンガスを利用する湯沸かし器もあります。また、ガス式か電気式か以外にも、湯沸かし器は「元止め式」と「先止め式」の2種類に分かれます。

元止め式タイプとはお湯の出口が専用水栓一か所のみで、湯沸かし器本体が水を出したり止めたりする機能を持っています。給水配管ができず複数個所への給湯ができない為、小型の湯沸かし器にしか元止め式はありません。

蛇口は無く、湯沸かし器本体のボタンを操作することでお湯を出したり止めたりする機種、と考えていただくと元止め式タイプを理解しやすいのではないでしょうか。

先止め式タイプは、給湯配管に蛇口を設け、その蛇口の開閉で点火・消火が行われお湯が出るタイプの湯沸かし器です。水圧を十分確保できる機種を利用すれば、2階、3階と複数個所にも給湯が可能です。

また、ガス湯沸かし器は電気湯沸かし器よりも設置施工の費用が安く済むようで、ガス湯沸かし器の設置は1~2万円程度で行えるようです(設置費用は現場状況により異なり、機器本体の価格は別途かかります)。

ガス湯沸かし器は水道管と繋ぎぐことで湯沸かし器の中に水を取り入れ、何本もある熱交換器と呼ばれる細い管を水が通り、そのクネクネと曲がりくねった管を熱することによって水をお湯に変えています。管が曲がっている理由はご想像のとおり、加熱される面積を増やし効率よく水を温めるためです。

ガス湯沸かし器の使用上の注意は?

湯沸かし器を購入する際は、プロパンガス用か都市ガス用かをきちんと確認するとともに、給湯を使用する箇所、ガスコックがホースではなく湯沸かし器が使用できる状態かなど、いくつか注意がすべき点があります。

凍結防止機能付きの寒冷地仕様商品などもあるようですから、ガス会社などからご購入される場合は、見積もりの際に詳しく確認することをお勧めします。

ガス給湯器も配管内部の水が凍結により膨張すると、配管が内側から押されるようにパンク(ひび割れや破裂)してしまう場合があり、関東エリアでも凍結による被害で給湯器の買い替えが同時多発することもあります。

ガス湯沸かし器の取り付けに関しては、必ずガス会社に依頼をするようにしましょう。簡単そうに見えたとしても、ガスの接続工事など有資格者による施工が必要ですし、自分で設置して万一ガス漏れなど起こしてしまっては大変です。

また、取り付け部分の腐食や、ガス栓や水道部分に問題がある場合などは、買い替え時の交換・取り付けに別途部品が必要となって追加費用がかかることもあります。

また、実際に湯沸かし器を使用するにあたっては必ず換気をしましょう。解放式小型湯沸かし器を換気が不十分なまま長時間使用すると、一酸化炭素中毒などの危険性がありますので、必ず換気扇やファンを回すか窓を開けるようにしましょう。

点火してもすぐに消えてしまう現象が続く、使用中に異臭がする、炎が青くなく黄炎となっているなどの場合は、一酸化炭素発生の可能性もありますので使用をやめ、すぐにガス会社や器具購入店などにご連絡してください。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
ガス湯沸かし器の種類や機能、使用上の注意などについてご説明いたします。