ガス給湯器|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績80,000世帯SBSラジオCM放送中!

ガス給湯器とは

ガス給湯器は都市ガス用とプロパンガス・LPガス用があり、ご利用中のガスに合わせた商品を購入する必要があります。また、給湯器の機能は暖房機能の有無を除くと「給湯専用タイプ」「追い炊き機能付き」の2つに大分され、まずその2つについてご説明します。尚、ガス給湯器と間違えられることも多い瞬間湯沸かし器についてはこちらをご覧ください。

給湯専用タイプの給湯器は落とし込み給湯器とも呼ばれる、単純にお風呂場やキッチンの蛇口からお湯を出す(落とす)ための給湯器です。循環機能や追い焚き機能はついていませんので、配管も浴槽“行き”の1本となります。浴槽に溜めたお湯が冷めた時は、熱いお湯を足すことでお湯の温度を調整します。

次に追い焚き機能付き給湯器ですが、名前のとおり給湯専用タイプの給湯器に「追い炊き機能」が付いた給湯器です。浴槽に溜めたお湯が冷めた時には、浴槽のお湯を循環させて給湯器で再度温めて浴槽に戻すことでお湯の温度を調整します。循環が必要となるので、追い焚き機能付きタイプは配管が浴槽"行き"と"帰り"の2本になります。

上記の機能以外にも、給湯器には号数、設置形状、オート(セミオート)、フルオートなどの違いがありますので、それぞれ概要をご説明したいと思います。

まず号数についてですが、給湯器には16号、20号、24号といった号数が必ず設定されており、この号数が「1分間に出るお湯の量」を表しています。16号であれば1分間に16リットルのお湯を、24号であれば1分間に24リットルのお湯を出すことができます。

号数が上がるほど多量のお湯が出るようになりますが、ご利用状況によってはガス代が不要に高くなる場合もありますので、家族の人数やお湯の使い方などから最適な号数を選びましょう。

単身向けのアパート・マンションなどであれば16号、3~4人家族でお住まいであれば20号の給湯器を選ぶ場合が多いようです。大家族などキッチン・お風呂・洗面等で同時にお湯を利用することが多ければ24号が良いかもしれませんが、ガスの無駄遣いになる可能性もありますので、販売店やガス会社などによく相談して決めましょう。

次に設置形状についてですが、こちらは若干種類が多く、屋外壁掛型、PS(パイプスペース)設置型、PS扉内設置型、屋外据置型、浴室隣接型などがあります。

プロパンガス・LPガス会社を変更するお客様で一番多い一戸建て住宅では、屋外壁掛型が設置されているケースが比較的多いようです。性能的にはほぼ同等ですが、給湯器を買い替える際に据置型⇒壁掛型のように違う型の給湯器にする場合、施工費用が若干嵩んでしまうケースがあるようです。

壁掛型は給湯器の下から配管が出ているのが特徴で、見栄えを整えるために配管カバーによって配管が見えないようにしているご家庭も多くいらっしゃいます。

マンションで多いのはPS設置型・PS扉内設置型の給湯器で、玄関横にあるパイプスペースに壁掛型の給湯器が設置されるタイプです。給湯器の買い替えに際しては、現在設置してある機種のサイズによって取り付けできる機種が限定されます。PS設置型で、現在の機種よりも小さい機種に買い替える場合は、隙間を埋めるためのアダプターが必要になります。

PS扉内設置型も壁掛型の給湯器を取り付けますが、買い替え時はサイズ以外にも排気方向などによって、取り付けできる機種が限られてきます(排気穴をあけなおせば、排気方向が違う給湯器でも設置可能です)。

屋外据置形は一戸建て住宅で利用されており、地面やブロックに据え置いて設置するタイプで壁掛型よりもやや大きく、給湯器側面から配管が出ているのが特徴です。

浴室隣接形は据置型の中でも浴室のすぐ近くに給湯器を設置し、給湯器の裏から浴槽に向かって配管が出ていて浴槽に穴がある点が特徴になっています。

最後に、オート(セミオート)とフルオートの違いについてご説明します。

オート(セミオート)機能はお湯張り、追い焚き、保温をスイッチを押すだけで全自動で行う機能です。設定温度・設定水位でのお湯張り、湯温と設定温度をチェックし、湯温が下がっていれば追い炊きを自動で行い、快適性能としては十分な機能が付いていますので、給湯器の価格やガスの使用量を加味してオートタイプを選ぶお客様が多いようです。

フルオート機能はオート機能に加えて、足し湯なども全て自動で行ってくれます。スイッチを入れておけば、常に一定の湯量が浴槽に保持され、いつでも快適に入浴することができます。設定したものより一定数の水位が下がると自動で足し湯をしてくれ、排水時お湯を流して配管の洗浄をしてくれます。

ガス給湯器の耐用年数は?

給湯器の耐用年数は、大手メーカーの商品であれば際はほとんどなく、およそ10年程度といわれています。これは標準的な使用環境で給湯器を使用した場合の耐用年数ですので、使い方によっては耐用年数よりも寿命が短くなってしまう場合があるので注意しましょう。

ちなみに、ガス給湯器が寿命を迎える原因の多くは、経年劣化による部品の摩耗や制御基板の故障です。排気口から出る排気の滞留や、給湯器本体の水濡れ・汚れなどが故障の要因として挙げられますので、排気口周りのスペースを保ち、給湯器を雨に濡れない場所に設置することで、ある程度はそれらの要因を軽減できるのではないでしょうか。また、入浴剤によっては入浴剤使用後の追い焚きも配管部分へのダメージにつながることがあるようです。

メンテナンスすることである程度は寿命を延ばすことができるようですが、点検・修理には費用が掛かりますから、一定年数が経過したタイミングでは修理ではなく買い替えも検討する必要があるでしょう。

ガス給湯器は故障に気づかずに使用していると、火災や一酸化炭素中毒など事故の原因となる場合がありますので注意が必要です。

10年以上経過した給湯器は、事故が起きずとも経年劣化による熱効率低下・給湯能力低下が起こる可能性が高くなります。耐用年数を超えていなくても、給湯器に異常を感じたら点検・修理、交換を検討しましょう。

給湯器の異常の一例

給湯器本体から異音がする、給湯器本体が変形している、給湯器の周りが不自然に濡れている、ガスの臭いがする、設定温度通りのお湯が出ない・安定しない、給湯器から黒煙が出ている、といった場合は給湯器のどこかに異常をきたしている可能性があります。

症状は様々ですが、いずれの場合も機器内部で不完全燃焼を起こしていたり、水漏れ、腐食、ガス漏れなど経年劣化による異常を起こしていたりと、大きな事故につながる可能性があります。

水漏れの場合は給湯器の熱交換器や加圧逃し弁の不具合も考えられますが、水道管の継ぎ目部分に亀裂がある可能性もあるようです。

ガス臭い時は、給湯器内部で不完全燃焼を起こしている、または経年劣化等によりガス管からガス漏れしているなど、使用し続けることが危険な場合もあります。

お湯の温度が設定温度と差がある、湯温が安定しない、追い焚きができないなどの場合は、給湯器本体が経年劣化し異常をきたしている可能性があります。給湯器の着火に時間がかかる、お湯が温まるまでに時間がかかるといった場合も同様です。

もし給湯器本体から黒い煙が出ている場合は、不完全燃焼を起こしており大変危険ですので、使用を中止して、すぐにガス会社等に連絡をしましょう。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
ガス給湯器の種類や機能、耐用年数などについてご説明いたします。