同じプロパンガスでも自分だけ高い!?理由と対策方法を紹介

プロパンガスと都市ガス比較

プロパンガスは高い!とよく聞きますよね。でも実は、プロパンガスの中でも高いご家庭・適正価格のご家庭があるんです。

プロパンガスが高くなる理由を知っておけば、高いプロパンガスを避けて適正価格で利用できます。この記事で紹介するプロパンガスが高い理由や高い時の対策を参考に、適正料金のプロパンガスで利用していきましょう。

プロパンガスの中でも高い・安いがある

プロパンガスはガス会社が自由に料金を設定することができるため、ガス会社ごとに異なるのはもちろん、同じ地域で同じガス会社を利用している場合でも料金設定が異なります。

そのため、同じようにガスを使っていても、ガス代が倍くらい高い!なんてこともあるのです。

プロパンガスが相場より高くなる理由

プロパンガス代のイメージ

プロパンガス代が高い時は、利用中のガス会社の料金設定が高いケースが多くなっています。

以下に当てはまるご家庭では、料金設定が高くなりやすいので注意が必要です。

会社変更せずに長期間契約し続けている

プロパンガス会社は消費者が自由にガス会社を変更することができますが、長期間同じガス会社と契約し続けているご家庭がたくさんあります。

一般的には「長期間利用しているんだから悪いことにはならないだろう」と考える方が多いと思いますが、実はプロパンガスはそうではありません。

プロパンガスは一定期間ごとに値上げすることが多く、長期間同じガス会社と契約していると値上げされる回数も多くなり、気づけば相場よりも高いプロパンガスを利用していることも多いのです。

小額な値上げは「仕方がないか」と考えてしまう

プロパンガスは「原油価格高騰のため」など納得してしまう理由での値上げ通知を出しますが、実はその会社だけ値上げしていて、他のガス会社は値上げしていなかった、というケースも多々あります。

しかも、プロパンガスは値上げはよくあっても値下げは少ないです。一回の値上げ額は少ないと「大したことないか」と思ってしまいますが、何度も値上げをされていくうちに契約時の倍の料金設定になっていた!ということになってしまうのです。

値上げ通知が来たら必ずそのままにせずに、値上後の単価が地域の適正料金よりも高いかどうかチェックしましょう。

貸与契約を結んでいる

プロパンガスは、配管や給湯器をガス会社が無償設置してくれる「無償貸与契約」を結ぶことができます。

貸与契約を結ぶと導入費用を抑えることができますが、そのぶん料金設定が高くなってしまいます。また、貸与契約があっても値上げは起こりますし、貸与契約が終わっても料金設定が高いまま、というケースも。

そうすると結果として、相場よりもかなり高いガス代を支払うことになってしまいます。

都市ガスより高い理由

プロパンガスと都市ガスの価格差

なぜ同じ家庭用ガスなのに、都市ガスとプロパンガスの値段を比較すると、約1.6倍もあるのでしょうか?

それには大きく分けて3つの理由があり、どれもプロパンガスならではの理由でガス代が高くなっているのです。

ガス会社が自由に料金を設定することができる

プロパンガスは昔から自由料金制のため、ガス会社が独自で料金単価を決めることができます。そのため、相場よりも高い設定で供給することができてしまうのです。

さらに、契約中にも値上げが行われることでより単価が高くなり、どんどんガス料金が高くなっていってしまうのです。

会社間の競争が起こりずらい

プロパンガス業界は、電気などとは違い価格競争が激しくありません。

お互いにお客様を取り合わないように業務提携を結んでいる会社もたくさんあり、ガス料金を下げて集客をするといったことが起こらないのです。

そのため、プロパンガスの料金は中々下がらず、都市ガスよりも高い単価になっているのです。

配送費用・人件費がかかる

プロパンガスはガスボンベに入れた状態で各家庭に運ばれるため、車のガソリン代や運転手の人件費など、都市ガスではかからない費用がかかってしまいます。

そのため、プロパンガスは都市ガスよりもガスの単価が高い設定になっているのです。

高いのにプロパンガスを利用する理由は?

利用中のプロパンガスボンベ

プロパンガスは高いのに、なぜ都市ガスではなくプロパンガスを利用してる方が居なくならないのか疑問に思いますよね。

実は、プロパンガスしか選べない方や、プロパンガスの方がメリットが多い方もいらっしゃるのです。

都市ガスが利用できないエリアだから

都市ガスは地中のガス管を通じてガスを供給するため、ガス管がないエリアでは利用できません。

その場合はオール電化にするか、プロパンガスを利用することになります。

災害復旧性が高いから

プロパンガスを利用するメリットとしてよく挙がる「災害」に対する復旧性。実際に過去の震災では都市ガスよりもプロパンガスの方が早く復旧しています。

万が一の被災を考えてプロパンガスを選ぶ方も一定数いらっしゃいます。

貸付貸与契約を結びたいから

特に賃貸の集合住宅に多いのですが、エアコンや給湯器などの設備投資・修繕費用を抑えるために貸付貸与契約が利用されることがあります。

そういった場合は都市ガスエリアであっても、プロパンガスを利用していることがあるのです。

ガス料金にお悩みなら、まずは無料診断してみませんか?当社スタッフ写真

簡単10秒!ガス料金無料診断へ
電話相談はこちら電話相談はこちらメール相談はこちら

プロパンガス高い時の最大の対策は「ガス会社変更」

プロパンガス料金をシミュレーションする女性

もし、ご利用中のプロパンガスが高いなと感じたら、今より安いガス会社へ変更するだけで、グッとガス代を下げる事ができます。

もちろんガスを節約することでもガス代を下げることはできますが、ガス会社を変更するのはお金もかかりませんし、今のガスの使い方を変更せずにガス代を下げることができますので、ガス代が高い方はガス会社変更を検討するのがオススメです。

ガス会社変更で平均20~30%のガス代が削減できます

とはいえ全国に約16,000社あると言われているガス会社の中から、自分の希望に合ったガス会社を探すのは大変です…。が!ガス会社変更サービスの会社を利用すればたくさんのガス会社から比較することができます!

ガス屋の窓口へご相談いただくと、専門のスタッフがあなたに合った優良なガス会社をご紹介させていただきますのでぜひご利用ください!変更に伴っての費用は掛かりませんので、まずはどのぐらい安くなるのか電話かメールでお問い合わせしてみましょう!

オススメ関連記事
  • page_image
    おすすめのガス会社は?優良会社のおすすめポイントも紹介

    いざガスを契約する時、どのガス会社と契約するとお得なのかわか …

  • プロパンガスボンベの写真
    プロパンガスボンベとは?サイズや設置基準、充填・処分方法等を解説

    プロパンガスボンベは鉄製が主流の容器で、ご家庭や工場、キャン …

  • ガスファンヒーターを使う女性
    ガス・電気・灯油、暖房費が一番安いのは?器具別の光熱費を比較

    寒い季節のお部屋では暖房を使いたくなりますよね。せっかく使う …

  • ガスが止まる原因を説明する作業員
    ガスが止まったらどうする?原因や復旧方法を解説

    あれ?コンロの火がつかない!シャワーを出してもいつまでもお湯 …

  • 引っ越し作業をしながらガス・電気のことを話す夫婦
    【引越し】プロパンガスの手続きの流れは?実際の相談内容も紹介

    引越しに際して電気や水道など様々な手続きをしますが、もちろん …

  • 安いプロパンガスを提案するガス屋の窓口のスタッフ
    【地域別】安いプロパンガス料金一覧

    プロパンガスは、安いガス会社を選ぶことでガス代をグッと抑える …