プロパンガス節約術!ガス代を年5万円節約する方法?!|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績90,000世帯SBSラジオCM放送中!

プロパンガス代を節約!最大で年5万円以上節約も!

プロパンガスの使用イメージ

プロパンガスは毎日使うもので、ガスを使えば当然毎月ガス代が掛かります。ちょっとした工夫で毎月払うガス代が節約できたら嬉しいですよね。

コツコツ上手に節約して毎月のガス代を節約するための「プロパンガス節約術」を、プロパンガスの専門家がご紹介いたします。

目次
カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

プロパンガス節約方法

こんなにガス使っていないはずなのに、毎月ガス使用量が多いなぁ…と思ったことはありませんか?

ガス使用量が増えてしまう一番の原因は、お湯を使うこと=プロパンガス給湯器を使うことです。

ガスストーブ・ヒーター、床暖房などにプロパンガスをお使いの場合は、お湯よりもさらにガスを使ってしまうので、冬場はガス代が高くなりがちです。

ガスを使う=ガスコンロと思われている方も多いようですが、一般的な家庭料理を毎日作ったとしてもガスの使用量は数m3程度で、実際にガス使用量が多くなっている原因の多くはお湯を使う(お湯を沸かす)時なんです。

具体的に節約するなら一年を通じて必ず使う、お風呂場で温水シャワー、お風呂の追い炊き、食器を洗うために給湯、などの場面で節約するのが効果的です。

もちろんその他のシーンでの節約方法も気になるかと思いますので、プロパンガス代を節約する3つの節約術をご紹介していきたいと思います。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

【節約術1】ガス使用量を減らしてガス代節約

ガス代は、毎月固定の基本料金+ガスを使った分の従量料金を足した金額を請求されます。

当たり前の話ですが、ガスを使う量を減らせばガス代は安く済みます。

少しでもガス代を節約するために、シーン別にガスの使用量を節約する方法をご紹介したいと思います。

お風呂・シャワーでのガス節約方法

一般的なご家庭のガス使用量

お湯をプロパンガス給湯器でまかなっているご家庭では、お風呂・シャワーによるプロパンガス使用量が多くなります。

つまり、プロパンガスを節約するにあたっては、お風呂・シャワーでの節約を行うことでより効率的な節約ができることになります。

比較的簡単にできる節約方法には以下のようなものがあります。

まず一つ目の節約方法は「お風呂の浴槽にフタや保温シートをつける」というものです。

お風呂のお湯が温かければ家族が何人も続けてお風呂に入れますが、お風呂に続けて入らず間隔があいた時は当然お湯が冷めるので、浴槽のお湯を温めてからお風呂に入りますよね?

浴槽のお湯を温める時の追い炊きや足し湯の際のプロパンガスを節約するのに、浴槽にフタをするなどしてお湯が冷めないようにすると良いでしょう。

浴槽に足し湯をするのはもちろんですが、追い炊きの際も思いのほかプロパンガスを使用します。

たとえば、2時間放置して4.5℃下がったお湯(200L)を1日1回追い炊きすると、追い炊きしなかった場合と比べて、年間で数千円程度のガス代の差が出るそうです。

浴槽にお湯をためている最中や、入浴していない時は、フタや保温シートを置いてお湯の温度が下がらないように注意しましょう。

尚、お湯をためる時はフタを閉めきることはできませんので、蛇口からお湯を入れるスペースだけ開けてフタをしましょう。

二つ目の節約方法は「シャワーの使用時間を極力短くする」というもので、ついついシャワーを出しっぱなしにしてしまう方には特に有効な節約方法です。

お問い合わせをいただくお客様の中には「うちは浴槽にお湯はためないでシャワーだけだし、プロパンガスはそんなに使ってない」と仰る方もいらっしゃいますが、そういった方こそ要注意。

10~15分もシャワーを使えば、浴槽にお湯をためるの変わらないほどガスを使うことになります。

3人家族で全員がバラバラにシャワー使うと、下手をすれば浴槽にお湯を三回ためられるほどのお湯を使うこととなり、プロパンガスの使用量が思ったよりも増えてしまっているご家庭が多いようです。

シャワーを使う場合は、節水シャワーヘッドを利用するだけでもプロパンガス代の節約になります。

シャワーヘッドにボタンがあって、手元でお湯を出す・出さないを切り替えられるタイプの節水シャワーヘッドを使うと、手軽にこまめにお湯を止められますし、より効率的にプロパンガス代を節約できます。

細かいですが、給湯温度の設定を少し低めにすることでもプロパンガス節約になります。

また、水圧が弱くてお困りの場合節水シャワーヘッドをつかうと改善される場合があるようです。シャワー利用でガス代が高い人以外でも試してみても良いかもしれませんね。

お風呂・シャワーでのプロパンガス節約方法については、別ページで詳しくまとめておりますので、こちらをご覧ください。

キッチンでのガス節約方法

前述でガスコンロよりもお湯を使う方がプロパンガスを使うとお伝えしましたが、もちろんガスコンロでもプロパンガスを使います。

キッチンのガスコンロでのプロパンガス節約は、「調理時間を短縮してガスの利用量を減らす」ことが大事です。

節約のポイントは"鍋を火にかける時間を意識する"ことで、煮込み料理などで鍋を火にかけ続けることが多いと、プロパンガスの使用量が多くなってしまいます。

その他、鍋でお湯を沸かす時はコンロの火の直径がなべ底よりも大きくならないようにする、煮物など時間のかかる料理には圧力鍋を使用する、根菜など火が通るのに時間が掛かるものは電子レンジで下ごしらえをするなど、細かい節約を積み重ねることでプロパンガス代を節約することができます。

また、洗い物や手洗いなどで少なからずお湯を使いますので、その辺りでもプロパンガスの節約が見込めます。

キッチンでのお湯の利用についても、お風呂・シャワーと同様に設定温度を低めに設定するだけでもプロパンガス節約になります。

キッチンでのプロパンガス節約方法については、別ページで詳しくまとめておりますので、こちらをご覧ください。

リビング・寝室でのガス節約方法

プロパンガスのガスストーブやファンヒーター、床暖房などを利用している方は、リビング・寝室でも節約が可能です。

たとえばガスストーブは器具をこまめに手入れすることが節約につながります。

ガスストーブをご利用中の方はお分かりかと思いますが、ガスストーブには熱効率向上のために、反射板がついています。この反射板が汚れていると、当然熱効率が悪くなってしまいます。

熱効率を維持するために反射板をこまめに掃除しましょう。

ガスストーブの掃除の際に気をつけてほしいのが"濡れタオルでは拭かない"ということです。

銅メッキされた反射板は水が付着するとサビてしまうので、ミシン油や自転車用オイルなどで手入れをする方が良いそうです。

詳しいお手入れ方法はガスストーブの機種によって異なると思いますので、お持ちの取扱説明書をよく読んでから手入れを行いましょう。

次にガスヒーターですが、ガスヒーターは設置場所を工夫して暖房効果を最大化することで節約につながります。

外からの冷たい空気を温めて循環できるように、窓に背を向けて部屋の奥に暖かい空気が向かうように設置するのがオススメだそうです。

ただし、使用環境に注意しないと結露の原因になることもありますので、使用上の注意をよく読んで使用しましょう。

床暖房については、使用開始時の立ち上がりに一番ガスを使用しますので、こまめにスイッチのON・OFFを繰り返さない事が大切です。

窓や換気などで冷たい外気を遮断するような工夫をしつつ、自動運転をうまく利用していきましょう。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

【節約術2】ガス料金設定を値下げさせてガス代節約

プロパンガスは自由料金、つまりガス会社が自由に料金設定を行うことが可能です。

ガス=公共料金という先入観からか、あまり思いつく人はいらっしゃらないようですが、実はプロパンガスは値下げさせる事ができます。

基本料金は値下げしにくかったり、あまり大幅な値下げを期待できないなどの留意点はあるものの、ガス料金設定を少しでも安くできれば、いつもどおりにガスを使ってもガス代を節約できるメリットがあります。

値下げしてもすぐに値上げされる危険も大きいので要注意ですが、事情があって今のガス会社を使い続けなければならない人は値下げ交渉をしてみてはいかがでしょうか。

一戸建て住宅のガス料金値下げ交渉術

持ち家の一戸建て住宅にお住まいの方で、現状のガス料金設定が高い方であれば、ガス会社との交渉によってガス料金設定を安くさせてガス代を節約できる可能性が高いです。

プロパンガスはガス会社が自由に料金を決めることができる自由料金制となっています。そのため、何らかの理由によって値上げされることもあります。

そんな時、状況が変われば料金変動があっても仕方ない…、と諦めていませんか?

諦める前に確認したいのが「他のガス会社も値上げしているかどうか」です。ガス会社の値上げの多くは、他のガス会社は値上げしていないのにその会社だけが値上げをする「不当値上げ」です。

不当値上げの場合には、ガス会社にクレームを伝えて交渉すると、値上げを止めてもらえたり、ガス料金を多少値下げしてもらえる場合があります。

もちろん値下げしない可能性も大きいですが、まずは一度ガス会社に問い合わせましょう。その際、基本料金の値下げはまず難しいと思いますので、従量単価を安くできないか問い合わせましょう。

また、ご利用中のガス会社に対して「ガス会社を変えようと思っている」という旨を伝えれば、多くのガス会社は「ガス料金を安くするから、ガス会社を変えないでくれ」と言ってくると可能性もあります。

その場合、ガス会社としてはこれからもガス会社を変えず、自分の会社を継続して使ってほしいので、今よりも良い条件を提示してくると思います。

忙しくてガス会社変更ができないなどの事情がある場合は値下げ交渉をして急場を凌ぎ、余裕ができたらガス会社を変更する方が良いでしょう。

ただ、こういった方法でガス料金を値下げさせたとしても、「今よりも安い程度」で当社がご案内しているような優良ガス会社ほどには、ガス料金が安くならないケースがほとんどのようです。可能であればガス会社を変更する方が良いでしょう。

とはいえ、今ご利用しているガス会社の料金が相場よりどのくらい高いかが分からないと交渉もしにくいと思います。

当社スタッフへとご相談いただければ、無料で料金診断をさせていただきますので、現状のガス料金が高いか安いか気になる方はお気軽にお電話ください。

賃貸の一戸建て住宅にお住いの場合は値下げ交渉が難しい場合もございますので、そういったケースでも当社へご相談いただけましたら、最善のご提案をさせていただきます。

また、値下げ後は再度値上げされる危険性が高くなります。もし値下げ後に値上げの通知が来てしまったら、不当値上げのない優良ガス会社へ乗り換えることをオススメします。

集合住宅のガス料金値下げ交渉術

戸建住宅と同様に、アパート・マンションにお住いの方(大家様・オーナー様を除く)の場合もガス料金の値下げ交渉は可能です。

ただし、値下げ交渉が成功してガス代を節約できる確率は、戸建住宅の場合よりもかなり低くなると思われます。

また、お住まいの集合住宅が賃貸物件かご所有物件かによっても、値下げ交渉の成功率は変わってきてしまいます。賃貸物件にお住いの場合が最も交渉しづらく、値下げしてもらえない可能性が非常に高くなります。

ちなみに、アパート・マンションなどの場合、一部屋だけガス会社を変更することができず、一棟全体のガス会社を変更するしかありません。

つまり、アパート・マンションにお住いの方が個人でガス会社と値下げ交渉をしても、ガス会社は「一部屋だけガス会社を変えることができない」と知っているので、強気に出てくることが多いようです。

もしどうしてもアパート・マンションにお住いの方が値下げ交渉を行うのであれば、大家様・管理会社様に全体のガス会社変更を検討してもらえないから打診しつつ、ガス会社に対しては「大家さんや管理会社とガス会社を変えてもらえるように相談している」旨を伝えるのも一つの方法です。

賃貸物件の場合はまず、プロパンガス会社に直接交渉するべきなのか、大家様や管理会社様を通してガス会社と交渉するべきなのかを確認しましょう。

また、交渉においては基本料金ではなく、従量単価の値下げ交渉を行う方が成功しやすいのでご留意ください。

もし大家様や管理会社様がガス会社の変更をご検討いただけるようでしたら、やはりガス会社を変更するのが最善の値下げ方法となります。まずは大家様や管理会社様へご相談されるのが良いかもしれませんね。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

【節約術3】最強の節約術!ガス会社変更でガス代節約

一番ガス代を節約できる方法は、何と言っても「地域最安のガス会社にのりかえる」ことです。

他の節約方法と比べてガス会社変更は、ダントツにカンタン&大幅にガス代を節約できます。

プロパンガスは液化石油ガス法でガスの品質が定められており、どのガス会社でもガスの品質は変わりませんので、ご利用中のガス会社にこだわりが無ければ、まずはガス会社を変更してガス代を安くしておきましょう。

ガス料金はガス会社によってガス料金が異なることはもちろん、同じ地域で同じガス会社をご利用していてもご家庭ごとにガス料金が異なります。

ですので、ガス料金が安く信頼できるガス会社に会社を変更することで、毎月のガス代を大幅に節約できます。

現在アナタがお使いのプロパンガスの料金設定がどうなっているかにもよりますが、同じようにガスを使用しても年間のガス代が50,000円以上も節約できた事例も多数あります。

しかも、ガス会社変更は完全無料!解約手続きなどの面倒な手続きは全て代行いたしますので、カンタン・気軽にガス会社をご変更いただけます。

ただ、ガス会社は全国に約20,000社もあり、どのガス会社が信頼できるのかを調べることは非常に困難ですので、当社の無料相談窓口にご相談いただければガス料金が安く信頼できるガス会社をご案内致します。

さらに、当社を通じてガス会社をのりかえると「料金保証」も付いてきますので、安心して末永くプロパンガスをご利用いただけます。

もしガス料金にお悩みでしたら、まず当社専門スタッフにお気軽にご相談ください。

戸建住宅(持家)のガス会社変更方法

持家の一戸建て住宅にお住まいの方のガス会社変更は非常にカンタン3STEP!

まず1SETP目として、当社へとご相談ください。

「どういうガス会社があるのか」「今よりもいくらガス代を節約できるか」など、必要な事前情報をご案内しますので、内容にご納得いただけましたら「ガス会社変更を進めたい」旨を当社スタッフへお申し付けください。

次に2STEP目として、ガス会社変更を進めるご指示を頂きましたら、ガス会社からお客様へ直接ご連絡をさせ、お申込書をいただく日程をご調整いただきます。

基本的にはガス会社がお客様宅へとご訪問し、その際に改めて詳細なご説明もさせていただいた上で、お申込書をいただきます。

在宅が難しい場合は郵送でお申込書をやり取りすることも可能ですので、ご要望があれば当社スタッフへご指示ください。

最後に3STEP目、ガス会社変更工事を行います。

工事と言っても屋外に設置されているガスボンベとガスメーターを新しい会社のものに付け替えるだけですので、大掛かりな作業はございませんのでご安心ください。

ガスボンベ・ガスメーターの設置が終わりましたら、点火確認の上でご署名をいただき、ガス会社変更は完了となります。

ガス会社変更工事自体はお客様不在でも行うことができますので、ご要望がございましたらお気軽にお申し付けください。

戸建住宅(賃貸)のガス会社変更方法

賃貸の一戸建て住宅にお住まいの方も、基本的には持家の一戸建て住宅の方のガス会社変更と同じ流れでガス会社変更を進めることが可能です。

一つ異なるのは、入居者の独断でガス会社を変更することはできず、必ず大家様のご了承が必要になる点です。

プロパンガスのボンベやメーターは物件に付帯する設備ですので、大家様・管理会社様に無断でガス会社を変更することはせず、必ず事前に口頭で「ガス会社を変更する」という旨を伝え、ご了承をいただきましょう。

集合住宅(分譲・持家)のガス会社変更方法

集合住宅のガス会社変更は戸建住宅とは異なり、お客様のお住まいの部屋だけを変更するのではなく、アパート・マンション一棟全体のガス会社を変更するかたちとなります(※プロパンガスは一部屋ごとにガス会社を変えることはできません)。

分譲マンションの場合は、マンションの管理組合の総会でプロパンガスについて議題に挙げて決議をとり、マンションの住民の総意をもってガス会社変更を進めることが一般的です。

当社へガス会社変更のご相談をいただいた場合は、現状と同等以上のサービス+ガス料金を今よりも安くすることが大前提となりますので、ご検討はしやすいかと存じます。

ガス会社変更の費用は、戸建住宅と同じで一切無料ですのでご安心ください。

また、必要に応じて総会に当社専門スタッフや新しいガス会社の担当者が説明にお伺いすることも可能ですので、まずは内容を確認して検討したいとお考えでしたら、お気軽にご相談ください。

集合住宅(賃貸)のガス会社変更方法

賃貸のアパート・マンションのガス会社を変更する場合は、物件のオーナー様(または管理会社様)に了承をいただいて、一棟全体のガス会社を変更します。

その際、お客様の方で他の入居者様へのご連絡・折衝を行う必要はございません。

入居者様のガス料金を安くするのは大前提で、オーナー様や管理会社様向けのサービスもご提供可能です。

もちろん費用は一切かかりませんのでご安心ください。

入居者様から物件のオーナー様(または管理会社様)に「条件によってはガス会社変更を検討してもらえるか」を伺っていただき、検討しても良いと返答がもらえましたら当社へとご連絡ください。

詳細なご提案書を作成し、当社からオーナー様へ詳細をご説明させていただきます。

店舗・業務用のガス会社変更方法

店舗・業務用でプロパンガスをご利用している方も、基本的には戸建住宅と同様にガス会社変更を進めることが可能です。

当社は、美容室や飲食店、工場やホテル、スーパー銭湯まで豊富な変更実績がございますので、安心してお問い合わせください。

使用量が多い場合は特別条件のご提示が可能ですので、経費削減・コストカットをお考えでしたら、まずは一度当社へお見積もりのご相談をいただければと存じます。

また、都市ガスのテナントにプロパンガスを新たに導入したいとのご要望をいただくことが多いのですが、プロパンガスボンベの設置スペースが確保できないケースが多い為、そのようなご相談の場合は事前に物件状況をご確認の上でご連絡いただけますと幸いです。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

ガス会社を変更する前に、まずは無料の料金相談

究極のガス代節約法は「ガス会社変更」であることは間違いありませんが、ガス会社変更を進める前に、具体的な料金診断をすることをオススメいたします。

毎月のガス代をどれくらい節約できるか、料金設定自体がどのくらい安くなるかなど、詳しくご説明させていただいて、ご納得いただいた上でガス会社変更を進めていただければと存じます。

また、ガス料金以外にもガス器具の購入などもご対応可能です。

器具の購入費用や工事費用も格安でご対応いたしますので、ガス会社変更と合わせてご依頼いただけましたら、ガス代以外の部分でも節約ができます。

さらに当社では永久料金監視保証をおこなっておりますので、どこよりも安心してプロパンガスをご利用いただけます。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

【節約術EX】プロパンガス以外の部分で節約・オトク!

直接、プロパンガス料金を安くしたり、ガスの使用量を抑えたりする以外にもガス代を節約する方法がありますのでご紹介したいと思います。

ガスをやめてオール電化にする

プロパンガス代を安くしたいならガスを使わなければいいじゃないか!という極端な発想ですが、ガス代は確実に節約できます。

ただ、プロパンガスの物件をオール電化にするにはいろいろな機器の購入や工事などに結構な費用が掛かりますし、オール電化を利用し始めて以降の買い替え・修理の費用も掛かりますので、必ずよく検討しましょう。

ポイントの付くクレジットカードでガス代を支払い

アナタはガス代をどのような方法で支払っていますか?

「口座振替」「クレジットカード払い」「コンビニ支払」「集金(現金)」などで様々な方法でガス代の支払が可能ですが、その中の一つ「クレジットカード払い」に節約のチャンスがあります。

クレジットカードによっては、カードを利用するとポイント還元を受けることができるカードがありますよね。

そういったカードを利用すれば、同じようにガス代を払っても、ポイント分オトクになります。

もし他の支払方法を利用しているのなら、支払方法をクレジットカード払いにするのもオススメです。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

プロパンガス節約方法まとめ

いかがでしたか?プロパンガス代を節約する最善の方法は「ガス会社の変更」です。

安いガス会社にのりかえるだけで、同じようにガスを使ってもガス代が安くできるのですから、こんなに良い話はありませんよね。

ガス会社の変更が難しい場合は、ガスを使わないように節約するなど、その他のガス代節約方法を試してみてはいかがでしょうか。

自分のガス代が高いかわからない方や、すぐにでもガス会社を変えたいという方、プロパンガスに関するご相談は当社無料相談窓口へお気軽にお問い合わせください。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
プロパンガスを節約してガス代を節約するための方法を、浴室、キッチンなど利用シーン別、方法別など様々な角度から詳しくご紹介致します。