なぜ?!プロパンガス料金が値上げされる理由|プロパンガス・LPガスの「ガス屋の窓口」

電話をかける自動料金診断電話番号
ガス会社変更実績90,000世帯SBSラジオCM放送中!

プロパンガス料金が値上げされる理由

プロパンガス利用シーン:ガスコンロ

プロパンガスのイメージといえば「値上げが多い」と答える方がいるほど、プロパンガス料金の値上げに悩む人は非常に多くいらっしゃいます。

プロパンガスは都市ガスや電力とは異なり、料金の値上げをガス会社が自由に行うことができる自由料金制となっており、実はガス料金を値上げする時の値上げ幅や値上げをするタイミングもプロパンガス会社の自由なので、不透明な値上げも自由にできてしまうのです。

プロパンガスは輸入物ですので、原油価格の高騰や世界情勢、為替、シェールガスの動向など様々な要因によって常に価格が変動していますが、一般消費者様からはそういった価格変動は分かりにくく、ガス会社が輸入価格が変動したことを利用して不当に値上げを行っているケースも多いようです。

そんな理不尽な値上げに泣き寝入りはしたくない、そう思う人がほとんどだと思います。

そこで、ガス会社の輸入価格(=CP価格)や地域ごとのガス料金を調査・監視している当社から、プロパンガス料金の値上げが起こる理由をご説明したいと思います。

目次
カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

プロパンガス料金 値上げの原因

プロパンガス料金の値上げには様々な理由があります。その中でも最もよくある値上げ理由をご紹介します。

一見、至極真っ当な値上げ理由に見えますが、もしガス会社がこういった内容を理由に値上げをしてきたとしても、その値上げが不当値上げの可能性もあるので注意が必要です。

原油価格の高騰による値上げ

「原油価格高騰による値上げ」は、ガス会社が最もよく使う値上げ理由の一つです。

プロパンガスは別名「液化石油ガス」といい、油田・天然ガス田または製油施設などで精製された石油由来のガスを液化することで生産されますが、日本ではその原料の多くを輸入に頼っているため、プロパンガスの料金も国際的な石油輸入価格・原油価格の変動により少なからず影響を受けます。

そのため、輸入価格・原油価格が大幅に変動すると、ガソリンなどと同じようにプロパンガスも料金の値上げや値下げが起こります。

都市ガスも同様の理由から料金改定を行っていますので、「原油価格の高騰による値上げ」は適正な値上げと言えます。

しかし、それは「本当に値上げが必要なほど原油価格が高騰していれば」の話です。

ガス会社の値上げは9割が不当な値上げと言われるほどで、実際には値上げをしなくても問題ないほどの「原油価格の上昇」を「原油価格の高騰」と解釈し、不必要な値上げを繰り返すガス会社が多いのです。

ですので、理由自体は正しく見えたとしても、実際に原油価格が高騰してるのかをチェックする必要があります。

原油価格のチェックが難しいようでしたら、「他のガス会社も全て値上げしているか」を基準にすることをオススメします。

本当に原油価格が高騰していれば「業界全体で値上げが起こる」はずですので、他のガス会社が値上げしていないのにそのガス会社が値上げをしていたら、それは「不当値上げ」といえるでしょう。

市況変動等による値上げ

言い方は様々ですが、国内外の情勢変化や為替変動などを理由とした値上げも、ガス会社がよくつかう値上げ理由に挙げられます。

前述のとおりプロパンガスは輸入物ですので、国際物流費や為替レートによる価格変動の影響をうけてますが、それ以外にも国内の物価・景気にも値段が左右されます。

いわゆるインフレ・デフレを例にするとわかりやすいですが、プロパンガスの配送コストが上がれば、当然それらはガス料金に跳ね返ってきます。

ガス会社が市況変動によってガス料金を調整すること自体はやむを得ないことですが、問題なのは「市況変動でやむを得ず…」と言いながら、値上げしなくてもいいタイミングで値上げを行う悪徳なガス会社が存在することです。

もしも国内の情勢や市況変動を理由とする値上げ通知が来た場合は、第三者に相談しその正当性を見極めましょう。

獲得価格だった為に起こった値上げ

上記2つの値上げの理由は、ガス会社がお客様に伝える値上げ理由でよくある内容でしたが、この「獲得価格だった為に起こる値上げ」については、ガス会社がお客様に伝えることは少ないと思います。

まず、獲得価格とはなにかというと、「契約してもらうために最初に提案する、通常よりも安い値上げを前提としたガス料金」のことです。

インターネット上で目にするプロパンガスのよくある悩みで、「最初は安いガス料金だったのに、使っていくうちにどんどん値上げされた…」という問題がありますが、それがまさに獲得価格だった為に起こった値上げです。

通常よりも安いガス料金は魅力的ですから、つい提案してきたガス会社と契約してしまう方も多くいらっしゃいます。

しかし、プロパンガスで重要なのは「安い料金で継続して利用できること」ですので、"今"のガス料金が安いことよりも、"今後"も不当値上げの無い安いガス料金で継続して利用できるかに留意しましょう。

安いガス料金で継続して利用できるかを判断する基準としては、料金保証書が発行されるかが最もわかりやすいのではないでしょうか

正当な理由のない、ガス会社都合の値上げ

公共料金(認可料金制)と自由料金制の項目比較

最後の理由は「ガス会社都合の値上げ」です。

値上げ理由は会社によって様々ですが、現状のガス料金が考慮されず地域一斉値上げのようなかたちで行われる値上げが該当します。

同じガス会社を利用していてもご家庭ごとにガス料金はバラバラですが、現状のガス料金が安かろうが高かろうが関係なく値上げされるため、明らかに不当な値上げと言えますね。

都市ガスや電力、水道などの料金でこういった不当な値上げが無いのは、プロパンガスが公共料金ではなく自由料金制だから。

本来は価格競争を促すためのものを逆手にとって、不当に値上げをしているガス会社もまだまだ多いのが実情です。

この「ガス会社都合の値上げ」については、お客様が納得できる理由が無いことが多いようで、当社へも多数の料金相談をいただいています。

やむを得ずガス料金値上げを行ったわけではありませんので、ガス会社と交渉することで元のガス料金の戻せる可能性もありますが、それを機にガス会社をのりかえて安心して利用できるプロパンガス会社と契約しなおしても良いでしょう。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

なぜプロパンガス料金の値上げは起こるのか

プロパンガス=不当値上げがある、とお考えのお客様も多くいらっしゃいますが、都市ガスや電気にはそういった不当値上げは無いのに、なぜプロパンガスは不当値上げが横行しているのでしょうか?

それは、プロパンガスが自由料金制(=ガス会社が自由に料金を決めることができる)だから。

自由料金制は本来、市場競争を活発化し料金・価格の適正化を図るための施策でしたが、様々な業務面で横のつながりが強いプロパンガス業界では競争が生まれにくく、料金の適正化はなかなか進まない現状がありました。

競争が生まれない=ガス会社を変える人は少ないということで、ガス会社変更が行われないのでは、ガス会社が行う料金値上げに対しての抑止力(=値上げをしたら他のガス会社に乗り換えられる)が働かなくなってしまいます。

そういった状況が長年続いていたとなれば、ガス会社がお客様のためではなく自社のために"ガス料金の値上げ"を行っても不思議ではありませんよね。

近年はプロパンガス業界にも変化が出てきており、料金の透明化が図られると共に全国的にガス会社の変更が盛んになりつつあります。

当社の提携先ガス会社のように不当な値上げを行わずにプロパンガスを供給しようというガス会社も増えてきていますので、今後は長い時間をかけて不当値上げが徐々に減っていくかもしれません。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

アナタも値上げされてる?!ガス料金適正度チェック

プロパンガスは値上げがあるのは知ってるけど、うちは値上げされていないから大丈夫。なんて思っている方こそ要注意!

プロパンガスの値上げは別送のハガキ等ではなく、検針票や請求書の備考欄などに記載されることが多いため、値上げされても気づかない方が多いのです。

また、値上げに気付いてはいても、その値上げ自体が不当値上げである可能性もあります。

もし下記のうち1つでも当てはまるものがある方は、ガス料金を不当に値上げされている可能性があるので、当社窓口で無料の料金相談をオススメします。

  • 1.直近3年間で値上げがあった ここ数年でプロパンガス料金の業界全体値上げは起こっていません。つまりここ数年以内に起こった値上げは不当値上げである可能性が高いと思われます。
  • 2.直近5年間で値下げが1度も無い。 プロパンガスの輸入価格は常に変動していますが、ここ数年のうちには輸入価格がかなり安くなった時期もありました。優良なガス会社であればその際に多少のガス料金値下げを行うはずで、もしアナタのガス代が値下がりしたことが無い場合は、ガス料金が適正ではなくなっている可能性が高いです。
  • 3.過去に値上げをされたことはあるが、値上げはされていない 10年スパンで見れば業界全体のガス料金値上げも起こっていましたので、過去に値上げされたことがある方いてもおかしくありません。しかし、その後に値下げされていないとすれば、結果として不当値上げされたのと同じくらい割高なガス料金になっている可能性が高いです。
  • 4.五年以上同じガス会社を利用している 優良でないガス会社は、利用開始から5年以内に値上げすることが多いようです。値上げ通知を別途送ることはせず、検針票の備考欄などに記載して値上げ通知とする会社も多い為、長期間同じガス会社を利用している場合は料金診断を受けた方が良いでしょう。
  • 5.新築から同じガス会社を利用し、15年以上経過している 新築一戸建てでプロパンガスを利用する場合、ガス会社とお客様の間で「貸付貸与契約」と呼ばれる契約を結ぶことも多くありますが、その貸付貸与契約は15年契約となる場合が多いようです。
    貸付貸与契約期間中はガス料金も通常より割高な設定となるのですが、契約満了後もガス料金を見直さず、高いガス料金のままでガスを供給するガス会社も多いので注意が必要です。
    ガス料金を診断したことのないお客様で、新築から同じガス会社を15年以上ご利用されているお客様は、一度料金診断を受けることをお勧めいたします。

いかがでしたか?意外と当てはまったのではないでしょうか。

「原油価格の高騰」や「為替レート変動などの情勢変化」など理由が正当に見えても、本当にその値上げが正当でやむを得ないのかというと、決してそうではありません。

状況を理解するためにも、まずは料金診断を受けるなどして、自分のガス料金が値上げされて割高になっているのか確認しましょう。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

CP価格を見て「不当値上げ」か見極めよう

自分のガス料金のことだから、どうしても自分で値上げが不当かどうか調べたい!という方に、ひとつ参考になる指標があります。

それはCP価格というもので、プロパンガスの輸入価格と直結する価格なのですが、これが大幅に変動すると、一般家庭のプロパンガス料金も変動することが多くなります。

ただし、買付タイミングや国内情勢、為替レートなどCP価格以外にも様々な要因でガス料金は変動しておりますので、CP価格はあくまで参考指標としてご参照ください。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

不当値上げゼロへ!ガス代値上げに有効な対策とは

プロパンガスの不当値上げは防ぐことができます。

ただし、普段から意識していないと値上げに気付くこともできずにガス料金を値上げされてしまいます。

そんないざという時にも使える、ガス料金値上げを防ぐための方法をお教えします。

値上げ通知の有無をチェックする

値上げを防ぐためには、まず値上げの通知に気付かなければなりません。

そのために、毎月必ず来るガスの検針票や請求書のお知らせ欄などを見るクセをつけましょう。

あまり目立つように書かれていないので見逃しがちですが、値上げの前に必ず通知が入るはずですので、検針票・請求書のお知らせ欄・備考欄を確認していれば値上げに気付くことができると思います。

料金の値上げに気付けたら、その値上げ理由を確認し、理由に納得できなければガス会社に連絡して値上げ理由を説明してもらいましょう。

他社へガス料金の見積もりを取る

アナタが買い物に行った時、八百屋が二軒並んでいたら、どちらの八百屋で買い物をした方がオトクか見比べますよね?

主婦・主夫の方であれば、大体の相場価格と目の前の八百屋の価格を比べて、そもそも今ここで買い物するべきなのか、日常的に考えていると思います。

プロパンガスも同じプロセスが必要です。

プロパンガスは自由料金ですので、八百屋が自分の店で売る野菜の値段を勝手に決めるように、ガス会社もプロパンガス料金の値段を勝手に決めています。

ですのでプロパンガスも、他のガス会社と比較してガス料金がオトクなガス会社を選ぶことも当たり前に必要なのです。

ご利用中のプロパンガスの料金が割高に感じた際は、他のガス会社の料金がどの程度なのか確認しましょう。

当社へとご相談いただけましたら料金診断と合わせて、提携ガス会社に一斉見積もりを取り、最も条件の良いガス会社をお調べいたします。

不当な値上げのない優良会社へのりかえる

なぜプロパンガスで不当値上げをされてしまうかというと、シンプルに言えば「不当値上げをするガス会社を利用しているから」に他なりません。

であれば、解決方法もとてもシンプルで、不当値上げのない優良会社へとプロパンガス会社を乗り換えることで、不当値上げを避けることができます。

ただ、プロパンガスは料金やサービスの実態を調べにくい上に、「仲の良いガス会社同士ではガス会社の変更はしない」ようなアナログなルールがいくつもあるため、消費者が自力で優良ガス会社を探して乗り換えることは少々難しいと思われます。

当社のような専門窓口へとご相談いただければ、すぐにご対応可能な優良ガス会社をご案内可能ですので、まずは無料相談をオススメいたします。

自動料金診断で、ガス代をチェック

元々のガス料金が相場よりも割高だったとしたら「値上げ=不当値上げ」と分かりやすくなるので、クレームも言いやすくなります。

また、優良ガス会社への乗り換えを考えるにしても、ガス会社を乗り換えたらどのくらいガス代が安くなるか知っておきたいですよね。

そんなアタナのために「カンタン10秒!自動料金診断」をご用意しております。

検針票に記載されている「請求金額」と「ガス使用量」をご入力いただければ、すぐに「ガス会社変更でいくらガス代が安くなるのか」がわかります。

もし今のガス料金が割高なようでしたら、ガス料金が安いガス会社への変更することで、ガス料金を値下げすることが可能です。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

プロパンガス料金の値上げにNO!と言える環境を

ガス会社はお客様が自由に選ぶ事ができます。なぜなら前述のとおりプロパンガスは、電気や水道といった国が一律の規定を定めているものではなく、民間のプロパンガス会社が独自に料金設定が行える「自由料金制」となっているためです。

各社が独自の料金設定を行っているプロパンガスは、ガス会社によって料金が大きく異なります。そしてお客様は、プロパンガス会社を自由に選べる。逆に言えば、しっかりガス会社を選ばないと毎月数千円も損をしてしまう、ということです。

そんなプロパンガス業界で、ガス会社の言うがままに不当な値上げを受け入れ、割高なガス代を払い損をし続けるのは、あまりにも勿体ない話ですよね。

そこで当社は、WEBサービスとしては初めて「料金保証サービス」の提供を行い、プロパンガス料金の不当値上げにNO!と言える環境を実現しました。

せっかくの自由料金ですから、高い料金設定を行っているガス会社ではなく、安くて安全なプロパンガスを安定供給している優良なガス会社を選びましょう。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談

最安ガス料金との比較などを、無料相談で聞いてみよう

プロパンガス料金の値上げでやむを得ない理由は「原油価格の高騰」と「情勢変化(為替レートの変動など)」の2つが主です。

ただし、ガス会社がそのやむを得ない理由を言って来たとしても、それが本当かどうか確認する必要があります。

もしプロパンガスの値上げ通知が来てしまったら、まずは当社のような専門窓口に無料相談しましょう。

専門窓口であれば、他のガス会社が値上げしているか、輸入価格が変動しているかなど、専門家ならではの情報から、その値上げが不当か否か調べることが可能です。

また当社であれば、お問い合わせ時点で最安ガス料金のガス会社のご案内も可能ですので、プロパンガス代の値上げにお悩みの方はもちろん、ガス代を安くしたい方へのご対応も万全。

当社ではガス会社選びはもちろん、当社独自の「あんしん保証」やアフターサポートまで手広く&手厚くサポートしておりますので、適正なガス料金を末永くご利用いただくことが可能です。

ご利用中のプロパンガスの料金やサービス内容に気になる点がございましたら、いつでもお気軽に当社専門スタッフまでご相談ください。

カンタン10秒 自動料金診断無料相談無料相談
一般消費者にとってわかりづらく、理由もはっきりとしないプロパンガス料金の値上げ。なぜ値上げが起こるのかを詳しくご説明いたします。